• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • ジョニー・デップ、ディズニーランドのサプライズ登場は失敗だったと告白!

17.05.22(Mon)

ジョニー・デップ、ディズニーランドのサプライズ登場は失敗だったと告白!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

 俳優のジョニー・デップ(Johnny Depp, 53)は先月、カリフォルニア州アナハイムにあるディズニーランドのアトラクション「カリブの海賊」に『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズで演じるジャック・スパロウ船長の衣装で登場したが、来園者を驚かせることに失敗したと認めた。

 ジョニーは同シリーズが生まれるきっかけとなった屋内ボートアトラクションにキャラクターになりきった姿で出現し、来園者を驚かせるつもりだった。しかし18日夜、ジミー・キンメル(Jimmy Kimmel)が司会の米トーク番組「ジミー・キンメル・ライブ!」に出演したジョニーは、せっかくのサプライズも望んでいたリアクションを引き出すことはできなかったと認めた。

 「初めて『パイレーツ』をやったとき、アトラクションを案内してもらったんだ。そのとき、アニマトロン(ロボット)みたいに立って、通りすぎる人たちに『何見てるんだよ?』と言ったら面白そうだなと思ったんだ」とジョニーは語った。「実際にやって、すごく楽しくなるぞと思っていた。するとボートがコーナーを曲がってきて、『ハロー!』と話しかけたけれど…何のリアクションもなかったんだ!」

 ジョニーによると、アトラクションの中は暗く、来園者は呼びかけに応じずスマートフォンで撮影するくらいだったという。

 「ライド中にジャック船長をすでに何度も見ていたんだよ」とジョニーは笑い、これまでに見た中で最も安っぽいアニマトロンだと思ったに違いないと話した。

 ジョニーがジャック船長の姿で公の場に姿を見せたのはこれが初めてではなく、ロンドンのグレート・オーモンド・ストリート小児病院では治療を受ける子どもたちを何度も励ましてきた。現在はケヴィン・マクナリー(Kevin McNally)やジェフリー・ラッシュ(Geoffrey Rush)、オーランド・ブルーム(Orlando Bloom)、キーラ・ナイトレイ(Keira Knightley)らと共演し、日本でも7月1日に公開される『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ最新作『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』のプロモーションを展開している。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。