• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • ソフィ・ターナー、普段はなるべく化粧を避けてスッピンを心掛ける!

17.05.23(Tue)

ソフィ・ターナー、普段はなるべく化粧を避けてスッピンを心掛ける!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

大人気TVドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』でスターの地位を確立した女優のソフィ・ターナー(Sophie Turner、21)。レッドカーペット等のイベント出席もすっかり多くなり、しっかりメイクをする機会が多くなったとあって、オフの時は肌を休ませるためになるべく化粧はしないことを心掛けているという。

「自分の顔を化粧で見栄えすることが、そもそも得意でないしね。やり方の検討もつかないの」と、InStyle誌に語ったソフィ。「マスカラを少しつけて、染みを隠すぐらい。いつも化粧をして髪もしっかりセットする仕事だから、そういうことから解放されるのが嬉しいのよ」

そんなソフィだが、ファッションに対しては関心が高く、レッドカーペットでも常に素敵なドレスを着た姿を披露している。

「一番お気に入りのデザイナーは、ニコラ・ジェスキエール(Nicolas Ghesquiere)。彼の美学とデザインは素晴らしくて、いろいろな時代を取り入れているのが見事だわ。」

「でも、いつものわたしは、お転婆なボーイッシュなものが好き。「Opening Ceremony」とか、男物のシャツやパーカーとかね。しゃかりきせずに気楽な恰好をするほうがクールだと思うの」

『ゲーム・オブ・スローンズ』で演じるサンサ・スタークは赤毛だが、ソフィ自身の本来の地毛はブロンド色で、役柄のために赤毛に染めている。最近出演したインディ映画『Huntsville』のために元々のブロンド色に一度戻したソフィだが、こちらに関しては素が嬉しいという結果にはならなかったようだ。

「全身にタトゥーをして、アラバマ訛りで喋るなど、変化のある役柄をすごく楽しめたけれど、髪の毛に関しては“死んだ”という感じになってしまった。ブロンドにはもう普段はしないの。赤毛のわたしが好きで、赤毛がもう自分の一部になっているわ」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。