• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • ロビン・ライト、『ワンダーウーマン』での戦士役トレーニングはガル・ガドットたちの応援のほうに力を投入!?

17.05.23(Tue)

ロビン・ライト、『ワンダーウーマン』での戦士役トレーニングはガル・ガドットたちの応援のほうに力を投入!?

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

米人気TVドラマ『ハウス・オブ・カード 野望の階段』で知られる米女優のロビン・ライト(Robin Wright、51)は、この夏に日本でも公開される映画『ワンダーウーマン』にも出演。主役のワンダーウーマンの叔母であるアマゾネスのアンティオペ将軍を演じるために、ロビンは身体トレーニングをかなり重ねたようだ。

「1時間ぐらい乗馬をして、そのまま厩舎から撮影スタジオまで車で移動したりしたわ。そこでまた、ウェイトトレーニングを1時間とかね。重いウェイトをまずして、その後軽いウェイトの反復とかで、急いで筋肉のサイズを増やしたわ」と、ロビンはThe Edit誌に対して語っている。「毎日、2000から3000キロカロリーを摂るのを目標にした。一日3回、生のオーツ(燕麦)をアボカド入りでスムージーにして、牛乳を1本、あとは体重を増やすサプリパウダーという食生活を続けたの」

なかなかきついことだったと想像されるが、主演のガル・ガドット(Gal Gadot)に比べると、筋肉をつけるトレーニングがずっと軽くて済んでホッとしたというロビン。

「わたしは、同時に『ハウス・オブ・カード』の撮影もあったから、『ワンダーウーマン』の撮影に入る前に、ハードなトレーニングが出来たのは5週間だけ。身体がそこまでついていかないので、他の女優さんたちができた半分にまでも行けなかったわ」

しかし、その埋め合わせのために、撮影中にワークアウトするガルたちの“応援”をロビンは人一倍心掛けたそうだ。

「叱咤激励する将軍役になったわ。「いい調子よ、みんな!あと15回」とかね!」

同映画のために、出演陣は武器を使う訓練も多く行った。

「午前の乗馬練習は、馬に乗りながら刀や弓矢を使う練習もあったのよ」と、ロビンは説明した。クリス・パイン(Chris Pine)なども出演する『ワンダーウーマン』の日本公開は8月25日予定。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。