• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • ケイティ・ペリー、バトルを仕掛けたテイラー・スウィフトに和解を促す!

17.05.24(Wed)

ケイティ・ペリー、バトルを仕掛けたテイラー・スウィフトに和解を促す!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

 人気歌手のケイティ・ペリー(Katy Perry, 32)が、歌手のテイラー・スウィフト(Taylor Swift, 27)との不和について初めて口を開き、「バトルを仕掛けた」のはテイラーのほうだと主張した。

 2人の対立は2012年、ケイティがテイラーの元恋人でロック歌手のジョン・メイヤー(John Mayer)との交際をスタートしたときに始まったとされている。また、ケイティがテイラーのツアーに参加していたバックダンサー3人を引き抜き、テイラーが「リベンジ」ソング「バッド・ブラッド」をリリースして反撃したことでさらに状況が悪化したとみられている。

 ケイティが新曲「Swish Swish」をリリースすると、ファンの間では歌詞がテイラーとの対立に触れているという見方が広まった。ケイティは22日夜、ジェームズ・コーデン(James Corden)が司会のトークバラエティ番組「レイト×2ショー with ジェームズ・コーデン」に出演し、ドライブしながらカラオケスタイルでヒット曲を歌う人気コーナー「カープール・カラオケ」でテイラーとの不和について口を開いた。

 「それは本当よ。そういう状況にあるわ」とケイティはジェームズに語った。「正直、彼女が仕掛けてきたようなものだから、彼女が終わらせる時だわ」

 さらにケイティは、お互いの違いを解消するために「テイラーと話をしようと」したこともあったが、その試みも失敗したという。

 「話そうともしないの。私はしくじったと感じたときは、必ず正しいことをする主義なの。完全に無視されて、彼女が私のことを歌った曲をつくったものだから、『OK、上等だわ、あなたはそうしたいわけね?』と思ったのよ」とケイティは少し怒りを込めた様子で語った。

 対立中とはいえ、ケイティはテイラーとの問題を解決する心の準備ができており、ジェームズにこう話している。「私が言いたいのは、くだらないことは終わりにしたいってこと。物事には因果の法則というものがあるわ。何か行動を起こせば、必ずリアクションがある。それがカルマというものよ」

 大きな話題となっているテイラーとの不和をケイティが自分の番組で赤裸々に語ったことに興奮したジェームズは、仲直りが可能かどうか質問をぶつけた。

 しかしケイティはほとんど答えようとせず、「個人的には、女性が手を取り合って一丸となれば、こんなつまらない(注:放送ではピー音)ことは起こらないわ。女性が一緒になれば世界をいやすことができるの」と語った。

 もしテイラーからメールがきたら、「仲直りする」のに十分かとジェームズに問われたケイティは、「ええ、もちろんよ。100パーセントだわ」と答えた。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。