• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • ライブ会場で自爆テロが発生したアリアナ・グランデ、フロリダの家族の元へ

17.05.24(Wed)

ライブ会場で自爆テロが発生したアリアナ・グランデ、フロリダの家族の元へ

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

 22日夜に英マンチェスターのコンサート会場で自爆テロ事件が発生した米人気歌手のアリアナ・グランデ(Ariana Grande, 23)がフロリダ州の自宅に戻り、家族とともに犠牲者へ追悼の祈りを捧げている。

 22日の事件ではアリアナがマンチェスター・アリーナでのコンサートを終えた直後、帰り道につくファンを狙った自爆テロの実行犯が会場の外で爆発物を爆破させた。現時点で死者は22人となっており、最低でも59人が負傷した。アリアナは同日深夜にTwitterで追悼コメントを発表し、今回の悲劇で「打ちひしがれた」と認めた。

 「心の底から、本当に残念でなりません」とアリアナは続けた。「言葉が見つかりません」

 アリアナは23日、フロリダ州ボカラトンにいる家族の元へ帰るのを目撃された。米People誌によると、親類が空港に迎えにきたという。

 「本当に、本当に悲しいことです」とある事情通は同誌に語っている。「彼女はファンを愛していて、ものすごくショックを受け、打ちのめされていることは想像のとおりです。こんなことが起きて信じられない思いです。今はただ家族や近しい人たちのそばにいたいだけです」

 報道よると、アリアナは25日と26日に予定していたロンドンでのコンサートを中止しており、マネージメント側が状況を確認するまで、「デンジャラス・ウーマン・ツアー」の残りのヨーロッパ公演は白紙になっているという。

 また、別の事情通は米Entertainment Weekly誌に「現時点ではツアーはキャンセルされていない。今は犠牲者とその追悼が優先されている。ツアーには集中していない」と語っている。

 アリアナは身体的には「元気」だが、精神的には「大混乱」しているとさらに別の事情通は説明し、「完全に取り乱している」とつけ加えた。

 マンチェスター警察は自爆テロに関連して複数の人物を逮捕したが、23歳の実行犯は爆発で死亡している。

 事件のあった地元では市民たちが23日、犠牲者のために徹夜で祈りを捧げる集会を開いた。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。