• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • インド出身のプリヤンカー・チョープラ、次期007に女性を熱望!

17.05.25(Thu)

インド出身のプリヤンカー・チョープラ、次期007に女性を熱望!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

 米テレビシリーズ「クワンティコ/FBIアカデミーの真実」などで知られるインド出身の女優プリヤンカー・チョープラ(Priyanka Chopra)が、『007』シリーズの製作陣に対し、性別を変更して次期ジェームズ・ボンドを女性に演じさせてほしいと訴えている。

 プリヤンカーは自身でも007を演じたいのは山々だが、ボンドを女性にするという大胆な方針転換が実現するだけでもうれしいと語った。プリヤンカーは1990年代に放送されたTVシリーズ「ベイウォッチ」の新劇場版に出演しており、当初は男性として描かれたキャラクターを演じている。

 「起用してもいいじゃない?」とプリヤンカーは米モーニングショー「グッドモーニング・アメリカ」で提案した。「私が演じるかどうかはともかく、私が生きているうちに誰かを…女性のジェームズ・ボンドに! エンターテイメント界の象徴的なキャラクターを女性が演じるなんて本当にクールだわ。ぜひ実現させてほしい」

 007の製作陣は先日、現在ボンドを演じているダニエル・クレイグ(Daniel Craig)が次回作『Bond 25(原題)』でも続投するかどうかを決めるのを見守ると表明。製作陣は以前、ダニエルが2015年の『007 スペクター』で降板すると明言していた。

 一方、プリヤンカーは「ベイウォッチ」の新劇場版『Baywatch(原題)』で悪役のヴィクトリア・リーズに扮している。ハリウッドデビューとなった同作でタフなキャラクターを演じたことは大いに楽しかったようだ。

 「インド映画では何度か悪い役を演じたことがあるけれど、ここハリウッドでは私のキャラクターが元は男性だったことが面白いと思ったの」と彼女は語っている。「ヴィクトリア・リーズというキャラクターなの。こんなことを言っていいのか分からないけれど、ヴィクトリアのほうがはるかに良いわ!」

 「男性を念頭に置いて書かれた役をオファーされるのはクールだと思ったわ。それに、彼女は強い自尊心を持ったフェミニストで、強いキャラクターなの」

 「私が好きなシーンの1つは、彼女が部下と話しているときにヒールで足を踏んづけているところで、『話を聞きなさい!』と言うの。すごくバカバカしいけれど、同時にすごく楽しかったわ」

 全米で今週から公開される『Baywatch』には、ドウェイン・「ザ・ロック」・ジョンソン(Dwayne ‘The Rock’ Johnson)、ザック・エフロン(Zac Efron)らも出演している。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。