• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • ニッキー・ミナージュ、カンヌ恒例のエイズ研究支援チャリティにて「ロベルト カバリ」のシアドレスで魅せる!

17.05.27(Sat)

ニッキー・ミナージュ、カンヌ恒例のエイズ研究支援チャリティにて「ロベルト カバリ」のシアドレスで魅せる!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

米人気歌手のニッキー・ミナージュ(Nicki Minaj、34)は、5月25日夜、カンヌ国際映画祭に合わせて毎年開催される恒例の米国エイズ研究財団(amfAR)のためのチャリティ・ガラに出席。

この夜ニッキーが選んだ服は、ネックラインもローカットな、身体にぴったり合わせた「ロベルト カバリ クチュール」(Roberto Cavalli Couture)の官能的な黒のシアドレスで、ひだ飾りがポイントの煌めく長いトレーン(裳裾)が印象的なピース。そのトレーンに対して、前方のヘムライン(裾線)は高くして、ニッキーの美しい脚と「バルマン」(Balmain)のハイヒールもしっかり視線の対象になるデザインになっていた。

髪型も、エクステンションでストレートヘアを膝まで伸ばすグラマラスなもので、リップにはペールピンクを選んでいた。アクセサリーには、「Harry Kotlar」の煌めくバングと

「Le Vian」のドロップタイプのイアリング。

この夜、ガラでパフォーマンスも披露したニッキーは、Instagram上で写真を多く公開。その中には、ニッキーが人気モデルのベラ・ハディッド(Bella Hadid)の首筋を今にも舐めようとしているかのような一枚も。

“#ベラとネットに衝撃を!# Bella Hadidカンヌで吸血鬼!”と、ニッキーはその写真にキャプションを付していた。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。