• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • ブレイク・ライブリー、ベストセラー小説原作の新作で夫の秘密を突きつけられる妻役に決定!

17.05.29(Mon)

ブレイク・ライブリー、ベストセラー小説原作の新作で夫の秘密を突きつけられる妻役に決定!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

 人気ドラマ「ゴシップガール」などで知られる女優のブレイク・ライブリー(Blake Lively, 29)が、リエイン・モリアーティ(Liane Moriarty)のベストセラー小説「The Husband’s Secret」の映画化作品に主演することが分かった。

 ブレイクはCBSフィルムズが手がける同作でエグゼクティブ・プロデューサーも兼ねると米Hollywood Reporter誌が報じた。モリアーティは今年ヒットしているTVドラマ「ビッグ・リトル・ライズ~セレブママたちの憂うつ~」の原作小説でも知られている。

 監督は決まっていないが、同作のストーリーはブレイク演じるセシリア・フィッツパトリックが、夫ジョン=ポールの手紙を読んだことで始まる。この手紙には夫が死んだ後に彼女にやってほしいことが書かれており、それを知ったことで完ぺきだったセシリアの人生が崩壊する。ふとしたことで夫の秘密に気づいた彼女は、自分の人生が「ウソの上に築かれた」ことを知る。

 「リエイン・モリアーティは現代の女性を代弁する声のひとつとしての地位を確立しており、そして傷つきやすさ、強さ、そして非凡な才能をあわせ持つ

ブレイク・ライブリーはモリアーティの作品を現実にするのに完ぺきな女優だ」とCBSフィルムズのテリー・プレス(Terry Press)社長はコメントした。

 CBSフィルムズは2013年に原作の権利を獲得しており、マーク・ロス(Mark Ross)とアレックス・ジーノ(Alex Ginno)が企画を管理する。クリス・ワイツ(Chris Weitz)、ポール・ワイツ(Paul Weitz)、アンドリュー・ミアノ(Andrew Miano)らがプロデューサーとしてブレイクとタッグを組む。

 ブレイクはティーン向けドラマ「ゴシップガール」で人気女優となったが、その後はサバイバルスリラーの『ロスト・バケーション』や、1930年代を舞台としたウディ・アレン(Woody Allen)監督の新作ロマンス『カフェ・ソサエイティ』など映画界で活躍している。

 俳優のライアン・レイノルズ(Ryan Reynolds)を夫に持つブレイクは、8月に公開されるマーク・フォースター(Marc Forster)監督の『All I See Is You(原題)』で盲目の女性を演じている。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。