• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • ハリー・スタイルズ、マンチェスター自爆テロで入院中のファンを電話で激励!

17.05.30(Tue)

ハリー・スタイルズ、マンチェスター自爆テロで入院中のファンを電話で激励!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

 英ボーイズバンド、ワン・ダイレクション(One Direction)のハリー・スタイルズ(Harry Styles)が、マンチェスターで発生した自爆テロ事件で負傷して入院中のファンに励ましの電話をかけるサプライズを贈った。

 フリーヤ・ルイス(Freya Lewis, 14)さんは22日、マンチェスター・アリーナであった米歌手アリアナ・グランデ(Ariana Grande)のコンサート終了後に会場から出てきたファンを狙った自爆テロに遭い、切り傷、やけど、複数ヶ所の骨折など重傷を負った。1Dの大ファンでもあるフリーヤさんと一緒にライブに行った友人のネル・ジョーンズ(Nell Jones)さんは、事件で犠牲になった22人のうちの1人となってしまった。

 フリーヤさんはその後、王立マンチェスター児童病院で治療を受けているが、27日、ハリーはわざわざ彼女に電話をかけ、直接言葉を交わした。フリーヤさんの家族が、彼女が通うホームズ・チャペル普通高校の公式サイト内のブログで報告した。

 「電話が鳴って出てみると、ハリー・スタイルズからでした」とブログには書かれている。「フリーヤが起きて、ハリーは彼女を愛してると言ってくれました。フリーヤも愛してると伝えると、父親も(ハリーを)愛してると言ったんです!!」

 フリーヤさんの姉ジョージア(Georgia)さんが先週、以前フリーヤさんがハリーと会ったときの動画を、彼の目に留まってほしいという願いからFacebookで公開キャンペーンを展開していたため、ハリーがフリーヤさんのことを知るきっかけとなった。

 「うまくいくとは思っていないけれど、もしこの投稿が十分広まれば、ハリーの注意を引きつけることができるかもしれない」とジョージアさんはキャプションを添えた。「私の望みは妹にハッピーになってほしいだけだから、ハリー・スタイルズの最大のファンのためにシェアしてあげて」

 ハリーがフリーヤさんと言葉を交わした後、ジョージアさんはSNSで彼を絶賛した。

 「信じられない、ハリー・スタイルズさんが父に電話をかけてきたの」と彼女は書き込んだ。「フリーヤは声を聞いて元気を取り戻して、目を覚まして電話をしてくれたことにとてもびっくりしていたわ。お互いに愛してると言い合ってた!!!」

 ハリーは先日、自分が生まれ育った地区の近くで起きた自爆テロ事件に心を痛めていると表明し、事件の翌日にメキシコで控えめなコンサートを行い、犠牲者を追悼した。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。