• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • ザ・ウィークエンド、2016年度「ピープルズ・チョイス・アワード」で最多5部門にノミネート!

15.11.05(Thu)

ザ・ウィークエンド、2016年度「ピープルズ・チョイス・アワード」で最多5部門にノミネート!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

ザ・ウィークエンド

 カナダ出身のR&Bシンガー、ザ・ウィークエンド(The Weeknd )が3日、ポップカルチャーを対象とし、インターネット投票で決定する米授賞式「ピープルズ・チョイス・アワード2016」で最多5部門にノミネートされた。

 ニューシングル「ザ・ヒルズ」が大ヒット中のザ・ウィークエンドは男性アーティスト賞、『Beauty Behind the Madness』でのアルバム賞、ブレイクアウト・アーティスト賞、R&Bアーティスト賞、「Can’t Feel My Face」での楽曲賞の計5部門でノミネートされた。

 同授賞式は音楽に加え、テレビと映画も対象としており、ドウェイン・「ザ・ロック」・ジョンソン(Dwayne ‘The Rock’ Johnson)がアクション映画スター賞、ケーブルテレビスター賞、ソーシャルメディア・セレブリティ賞という3つの異なるジャンルでノミネートされた。

 映画賞を争うのは『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』、『ワイルド・スピード SKY MISSION』、『インサイド・ヘッド』、『ジュラシック・ワールド』、『ピッチ・パーフェクト2』の5作品で、チャニング・テイタム(Channing Tatum)、クリス・プラット(Chris Pratt)、ジョニー・デップ(Johnny Depp)、ロバート・ダウニーJr.(Robert Downey Jr.)、ウィル・スミス(Will Smith)らが映画男優賞、またアン・ハサウェイ(Anne Hathaway)、メリッサ・マッカーシー(Melissa McCarthy)、メリル・ストリープ(Meryl Streep)、サンドラ・ブロック(Sandra Bullock)、スカーレット・ヨハンソン(Scarlett Johansson)らが映画女優賞に名前が挙がった。

 テレビ部門では、「グレイズ・アナトミー」や「スキャンダル」、「殺人を無罪にする方法」など、ションダ・ライムス(Shonda Rhimes)が企画や製作総指揮、あるいは脚本を担当した3本のドラマがノミネートされている。長期にわたって人気を誇る医療ドラマ「グレイズ・アナトミー」はテレビドラマ賞を含め、最多6部門で賞を争う。

 デジタル部門が追加され、ファンは65部門で投票する。投票は3日からスタートしており、12月3日に正式に終了する。

 授賞式は来年1月6日、ロサンゼルスのマイクロソフトシアターLAライブで行われ、全米に生中継される。「glee/グリー 踊る♪合唱部!?」で知られるジェーン・リンチ(Jane Lynch)が司会を務める。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。