• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • オプラ・ウィンフリー、レベル・ウィルソンに批判されたカーダシアン家を擁護!

15.11.11(Wed)

オプラ・ウィンフリー、レベル・ウィルソンに批判されたカーダシアン家を擁護!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

オプラ・ウィンフリー

 米メディア界の大物でTV司会者のオプラ・ウィンフリー(Oprah Winfrey)が、豪女優のレベル・ウィルソン(Rebel Wilson)から才能がないのに人気者だと批判された米リアリティ番組「カーダシアン家のお騒がせセレブライフ」で知られるカーダシアン家をかばう姿勢を見せている。

 オプラは以前、キム(Kim)、コートニー(Kourtney)、クロエ・カーダシアン(Khloe Kardashian)やその異父妹であるケンダル(Kendall)とカイリー・ジェンナー(Kylie Jenner)、母クリス・ジェンナー(Kris Jenner)らカーダシアン/ジェンナー家の面々を自身のトーク番組「Oprah’s Next Chapter」でインタビューしたことがある。

 『ピッチ・パーフェクト』シリーズなどで知られるレベルが特にケンダルとカイリーを批判したのを受け、オプラは自ら渦中に飛び込んで姉妹を弁護し、一家の仕事観を称賛してみせた。

 「2年前にカーダシアン家をインタビューした時、彼女たちのハードワークぶりが信じられなかった」とオプラは9日、豪ラジオ番組「Kyle and Jackie O」で断言した。「一般の人にはそれが分からない。『テレビカメラに四六時中追いかけられるだけで(人気者になれるなら)すごく楽じゃないか』と思われているかもしれない。実際に何かが起きているように見せるリアリティ番組を作るには、常にテレビで自分の言動をさらけ出さなければできない」

 オプラは長期にわたって放送されるトーク番組や雑誌を成功させたり、役者としても高い評価を受けたりと、長年のキャリアを通じて数々の功績を積み重ねてきた。しかしその彼女でさえ、カーダシアン/ジェンナー家の多忙ぶりには驚かされたようだ。

 「家族としての彼女たちを撮影するために訪れたけど、信じられないほど忙しそだった」とオプラは続けた。「7時間の撮影で、その後にも7時間の撮影を控えていた。何をしていようと、それが仕事というものです」

 レベルはMTVが8月に主催した音楽授賞式「MTVビデオ・ミュージック・アワード」(VMAs)で、ケンダル、カイリーと一緒に賞を授与してほしいと依頼され、断ったことを同じ「Kyle and Jackie O」で告白していた。

 「彼女たちは才能がないのに有名だわ。一人でやると言ったの」とレベルは口火を切った。「2人の立場は私の立場とまったく違う。ちょっと見かけ倒しだし、才能でキャリアを切り開いたわけじゃない。超がつくほど人気なのは分かるけど、私は性格と努力でここまでやってきたわ。キム・カーダシアンはセックスビデオで有名になったけど、私は演劇学校で始めて、すごく努力してきたのに…」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。