• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • カーダシアン家を批判したレベル・ウィルソン、仲直りの印に花束をプレゼント!

15.11.14(Sat)

カーダシアン家を批判したレベル・ウィルソン、仲直りの印に花束をプレゼント!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

レベル・ウィルソン

 豪女優のレベル・ウィルソン(Rebel Wilson, 35)が、米リアリティ番組「カーダシアン家のお騒がせセレブライフ」で知られるカーダシアン/ジェンナー家を批判して中傷合戦になっているのを静めようと、花束を贈って事態の収拾を狙っている。

 『ピッチ・パーフェクト』シリーズなどで知られるレベルは先日、豪ラジオ番組「Kyle and Jackie O」に出演した際、MTVが8月に主催した音楽授賞式「MTVビデオ・ミュージック・アワード」(VMAs)でケンダル(Kendall)とカイリー・ジェンナー(Kylie Jenner)と一緒に賞を授与してほしいと依頼されたが、姉妹が「うわべだけ」で人気者であることを理由に断ったと明かした。レベルはTwitterで事実関係を説明し、一家には敵意を持っていないと力説した。

 「カーダシアン家とは、いつでも、どこでも、どんな話題でも、喜んで議論するわ」とレベルはつぶやいている。「あるいは、向こうの広報担当者が私に対する中傷合戦をやめることだってできる。私がしたことといえば、オーストラリアのラジオで、司会者に促されて一家に関するコメントをしただけじゃない?」

 「とにかく、こんな小さなことはもうどうでもいい。カーダシアン家には幸運を祈るし、花束も送ったわ」

 事の発端は8月、VMAsでレベルがカイリー、ケンダルと一緒にラップ歌手のニッキー・ミナージュ(Nicki Minaj)に最優秀ヒップホップ・ビデオ賞を授与するよう頼まれたことだった。

 「MTV VMAsでケンダル、カイリーと一緒に賞を手渡すようお願いされたけど、いいえ、一人でやると答えたわ」とレベルは「Kyle and Jackie O」で説明した。「個人的にどちらかが嫌いというわけじゃない。でも、2人の立場は私の立場とまったく違う。ちょっと見かけ倒しだし、才能でキャリアを切り開いたわけじゃない。超がつくほど人気なのは分かるけど、私は性格と努力でここまでやってきたわ」

 『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』にも出演しているレベルは最近、年齢を6歳若くごまかしていたことが発覚し、物議をかもした。実際には30代半ばであることが分かって衝撃が広まったが、レベルは業界の慣習だとして開き直った。

 「女優という仕事は、年齢主義や性別主義の面で男性よりも女性に影響が出る。だから最もビジネス意識のある人たちが私の立場ならやっていたはずのことでメディアの批判を浴びて、ちょっと傷ついた」とレベルは豪Who誌で語った。「男優には、出演できる年齢幅というものがある。年齢を公開することは、私には何の得にもならないわ」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。