• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • ダニエル・ラドクリフ、ハリウッド殿堂入りに感無量!

15.11.16(Mon)

ダニエル・ラドクリフ、ハリウッド殿堂入りに感無量!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

ダニエル・ラドクリフ

 『ハリー・ポッター』シリーズで知られる英俳優のダニエル・ラドクリフ(Daniel Radcliffe, 26)が12日、ハリウッドの殿堂入りを果たし、「ウォーク・オブ・フェイム」に名前入りの星形プレートが刻み込まれた。

 ダニエルは少年魔法使いのハリー・ポッターを演じて世界中の人気者となり、シリーズが2011年に終了した後も数々のヒット作に出演してトップスターの座を不動のものとした。その功績を称えるために贈られた真新しい星形プレートで、今後も目が離せない存在であり続けることを証明した。

 「この星を贈ってくださり、ありがとうございます。信じられないくらいシュールで、かなり圧倒された気分です。まだ実感がありません」とダニエルは式典で顔を紅潮させながら感想を語ったと英The Telegraph紙が伝えている。「数か月前、友だち数人と一緒にここを歩きましたが、これだけの名前の中に自分の名前が加わると思うと、少し恐れ多いのと同時に、少し圧倒された気分になりました」

 ダニエルにとって2015年はスクリーンでの活動が静かな年になったとはいえ、ファンはスコットランド出身の俳優ジェームズ・マカヴォイ(James McAvoy)と共演する最新作『Victor Frankenstein(原題)』の公開に期待で胸をふくらませている。一方、2016年は『Imperium(原題)』、『Now You Seem Me 2(原題)』、『Young Americans(原題)』の3作品が控えており、忙しい年になりそうだ。

 「イギリスで育っただけに、ハリウッドという言葉を聞くと、丘の上のサインとこの星形プレートが頭に浮かびます」とダニエルはつけ加えた。「フラム(ロンドン)からここまで来るには、かなり長い道のりでした」

 ロサンゼルスのTLCチャイニーズシアターで開催された式典には、大勢の『ハリー・ポッター』ファンが詰めかけた。シリーズ第1、2作の監督を務めたクリス・コロンバス(Chris Columbus)も参加し、お祝いの言葉を贈った。

 「クリス・コロンバス監督が今日、このために来てくださったのは、とても大きな意味があります。この仕事に興奮と熱意を感じることができたのも、15年か16年前に(シリーズに登場する)ダーズリー家と一緒に撮影した『ポッター』の最初の2本で、その気持ちをクリスに吹き込んでもらったからです」とダニエルは笑顔で語り、熱心なファンのサポートにも感謝した。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。