• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • 「1D」のルイ・トムリンソン、来年生まれてくる自分の赤ん坊は英国で育てることを熱望

15.11.30(Mon)

「1D」のルイ・トムリンソン、来年生まれてくる自分の赤ん坊は英国で育てることを熱望

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

ルイ・トムリンソン

英人気ボーイズグループ「ワン・ダイレクション」(One Direction)のルイ・トムリンソン(Louis Tomlinson、23)は、“親しい友人”ブリアナ・ヤングワース(Briana Jungwirth)との間に来年2月に赤ちゃんが誕生する予定。ブリアナはロサンゼルス在住のスタイリストだが、ルイとしては赤ちゃんが誕生したら自分の母国に連れ帰り育てたいという希望があるという。

「赤ちゃんは、ブリアナのいるアメリカで産まれることになりそうですが、赤ん坊が生後数か月になったら一時的にせよ英国に移ってくれないかとルイはブリアナに頼んでいるそうです」と、事情通が英Closer誌に対して語っている。

「ふたりの間で、何か合意が出来たわけではまだまったくありませんがね」

ルイとブリアナは、今年5月に極めて短い間だけ、「超緊密な時間」を過ごしたとされ、その後7月にルイが父親になることが明らかになっていた。ふたりはカップルとしての関係を特にそれ以来深めている様子がないが、11月にロンドンで行われた「ワン・ダイレクション」の“On the Road Again”ツアーのコンサートのひとつにブリアナが出席したことはある。

ルイは、来年2016年に活動休止する「ワン・ダイレクション」の活動が大詰めの上に、自分たちのデビューのきっかけとなった『X ファクター』英国版の審査員としても今シーズンは登場するなど、多忙を極めている。最近、その『X ファクター』の出場者のひとりであるルイーザ・ジョンソン(Louisa Johnson)にメールを送ったことが判明したルイだが、ルイはこれは単に番組において彼女が成功するのを祈っていると告げたに過ぎないと主張している。

「ルイは、別にルイーザを何か口説こうとかしていたのではなく、彼女の成功を祈る激励の言葉を送っただけだと、必死に誓って弁明しています」と、同じ事情通が述べている。

「ブリアナとの関係を本当は自分はどう思っているのか、ちゃんとしたカップルになるべきなのかどうか、いまはルイ自身の中でも、まだはっきり答えが出ていない段階ですからね」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。