• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • マライア・キャリー、1時間の来店で3,700万円のギャラをゲット!

15.12.02(Wed)

マライア・キャリー、1時間の来店で3,700万円のギャラをゲット!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

マライア・キャリー

 人気歌手のマライア・キャリー(Mariah Carey, 45)が、ポップアップストアにゲストとして顔を出すだけで、1時間で30万ドル(約3,700万円)のギャラを受け取ると報じられた。

 マライアは米現地時間1日夜、ニューヨークにある家具と室内装飾品専門店「Pier 1」のポップアップストアに立ち寄るだけで高額のギャラを手にするという。しかも歌を歌う必要もないようだ。

 「45分と言っていいだろう」とある事情通は米New York Daily News紙のコラム「Confidenti@l」で笑いをもらした。「『顔を見せる』のであって『パフォーマンスをする』のではないとはっきりさせていた。(ファンは)彼女が歌うのをぜひ見たいだろうけど、顔を見せるだけでもその価値はある」

 この事情通によると、マライアはすでにオファーを最終的に受け入れており、『クリスマスの女王』と紹介されることを求めているようだ。世界中で大ヒットした「恋人たちのクリスマス」でも知られるマライアは、客が来店してから90分がすぎる午後7時30分に店にやってくるとみられている。

 「彼女は何もしなくていいんだ」と事情通は続けた。「顔を出して、少し手を振って、事前に許可した複数のメディアと話をするだけ。どうせ同じ市内にいるわけだし、稼げるなら稼いだって悪くないだろう?」

 Pier 1の広報担当者は、Confidenti@lに次のようにコメントしている。「このホリデーシーズンにマライア・キャリーと仕事ができることに興奮していますが、プライベートな事柄についてはコメントがありません」

 さらにマライアは、ラッパーのバスタ・ライムス(Busta Rhymes)が5日にニュージャージーで開催するイベント「Hot for the Holidays」の準備も始めている。2児の母でもあるマライアは自ら公言するほどクリスマスが大好きで、これからイブまで多忙な日々が続く。大ヒットした「恋人たちのクリスマス」にちなんだ新作絵本を発表したほか、自らが監督を務めたクリスマス映画『A Christmas Melody(原題)』は今月、米TV局「Hallmark Channel」で放映される。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。