• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • 「美しすぎる」総合格闘家ロンダ・ラウジー、先日の惨敗以来食事がのどを通らず?

15.12.09(Wed)

「美しすぎる」総合格闘家ロンダ・ラウジー、先日の惨敗以来食事がのどを通らず?

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

ロンダ・ラウジー

 「美しすぎる」総合格闘家として知られ、女優としても活動するロンダ・ラウジー(Ronda Rousey, 28)が、約1ヶ月前にホリー・ホルム(Holly Holm)にKO負けし、12戦全勝だったUFC戦で初めて惨敗を味わって以来、食事をとることに苦労しているらしい。

 『ワイルド・スピード SKY MISSION』にも出演しているロンダは11月15日、顔面に強烈なキックを受けて初めての負けを喫し、バンタムウェイト級タイトルを失った。試合後は大きく裂けた唇を縫合するなど治療を受けた。UFC代表のダナ・ホワイト(Dana White)は先日、ロンダとホリーの再戦を予定していると認めたものの、カリフォルニア州出身のロンダは近いうちではないと主張した。

 ロンダは米ESPN誌とのインタビューで沈黙を破り、数本の歯がグラグラするようになったほどの強烈な打撃から今も回復中だと認めた。

 再戦について質問されると、ロンダは「リンゴが食べられるようになるまでに、あと3ヶ月から半年はかかるかもしれない。打撃を受けるなんてなおさら先のことだわ」と認めた。

 また、敗北は「ムカつくほど残念」だと告白したが、必ず復活してUFCのトップ女性スターとしてのステータスを再び勝ち取ると豪語した。

 「全盛期を迎えるまでにすべてを実現するのはムリかもしれない。その前に体にガタがくるかもしれない」とロンダ。「でも、そんなの知るかって感じ。できるかもしれないじゃない」

 そんなロンダは総合格闘技のリングの外でもたくさんの仕事を抱えている。パトリック・スウェイジ(Patrick Swayze)主演で1989年に公開された『ロードハウス/孤独の街』のリメイク版で主演することも決まっている。ミズーリ州の荒くれ者が集まるバーにボディガードとして雇われる女性を描いた同作は、来年初頭から撮影に入る。

 主演が伝えられた9月、ロンダは次のように語っている。

 「大勢の人たちに感動を与えた男性の人生を祝うことに参加できるのを、大きな誇りに感じています。たくさんの人たちに愛されたパトリック・スウェイジに敬意を表するチャンスに恵まれ、感謝してもしきれない思いです。この作品を彼の家族やファンが誇りに思えるよう、努力を怠らないことを約束します」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。