• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • ゼンデイヤ、ファッションスタイルは自然体が一番!

15.12.16(Wed)

ゼンデイヤ、ファッションスタイルは自然体が一番!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

ゼンデイヤ

米ティーンドラマ『シェキラ!』や『ティーン・スパイ K.C.』などで10代に人気の歌手&女優のゼンデイヤ(Zendaya、19)は、ファッションの面でも注目の的。先週末ロザンゼルスのダイアモンドボールで行われた歌姫リアーナ(Rhianna)主催の慈善イベントではエレガントなツーピースで登場、出席者の目を惹いた。

レッドカーペットで冴えた装いをいつも見せてくれるゼンデイヤだが、自分の衣装棚をどうしようかとあまり考え過ぎない主義とのこと。

「正直言って、何かこれじゃないといけないというファッションスタイルなんか持たず、自分が思う通りに服を着て、まずは自分が満足できることが大切」と、ゼンデイヤは映画エンタメサイトPacific Rim Videoに対して語っている。

「そういう境地に行きたいものだし、それがわたしらしいと思うし、特にファッションに関しては間違いなくそう。家の外に出る時に自分の気分が良いこと、それが肝心」

昨年から放送開始されたTVシットコム『Black-ish』にも出演して、ファン層もティーンを超えて広がっているゼンデイヤだが、ティーンのアイドル的存在としての自分の立場もよく理解しているように見える。

「ディズニーチャンネルの番組に出ているから、6歳、8歳、10歳といったファンもいるけれど、大人の男女にもファンになってもらえるようになった。でも、大切なのは、自分にウソがないこと。そこをはきちがえると、ソーシャルメディアを使うひとたちに賢く見透かれてしまうものよ」と、ゼンデイヤ。

「わたしのスタイルは、割と怖いもの知らず、という感じかしら。たしかに独特だとは思うけれど、クラシックでもあると思う」と、これは以前Harper’s Bazaar誌にゼンデイヤは語っている。

「自分で言うのも何だけれど、若いひとたちにわたしが強い影響力があると考えている。若いということの大きな意味は、自分が何者であるかを見つけること。いろいろなことを試し、ほんとうの自分を受け止め、何が自分を幸福にするものであるかを受け止めることを恐れないこと。ファッションも、それの大きな一部だと思う」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。