• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • 「ゲーム・オブ・スローンズ」のナタリー・ドーマー、完璧な美貌は俳優には却って邪魔!

16.01.06(Wed)

「ゲーム・オブ・スローンズ」のナタリー・ドーマー、完璧な美貌は俳優には却って邪魔!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

ナタリー・ドーマー

人気ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』や映画『ハンガー・ゲーム FINAL: レジスタンス』などで人気の英女優ナタリー・ドーマー(Natalie Dormer)は、俳優の仕事はルックスを良くすることに気を向けていては地に足の着いた演技が出来ないので、見た目を磨くのはモデルたちにもっぱら任せるべきだという考えを持っているという。

「俳優は、モデルとは違うもの」と、カナダFashion誌にナタリーは語っている。

「わたしたちは、リアルな人間を演じるわけだから、ぎこちなく不完全に見えないといけない。物語を語るということは、人間の本性をいわば描き讃えることだから、内側も外側も不完全でないといけないのよ」

人間が持つべき内面的・外面的な自己への自信について、じっくり考えたことがあるというナタリーは、現代世界が外面的な美しさへの脅迫観念的なこだわりを持ちすぎていると感じているようだ。

「内面の自分について幸福を感じられないなら、いつまでたっても外面的な自分に幸福を感じられる訳ないのにね。見た目で判断されるのは、たしかにこの世の習いの一部だけれど、実は内面的な自分こそが優先されるべきということと毎日格闘しなければいけない」

『ゲーム・オブ・スローンズ』でナタリーが演じている、七王国の王妃になるべく必死に策動する美姫マージェリー・タイレル役は、まさにこれが大きなテーマになっているキャラクター。

「マージェリーの強みは、彼女が見事に狡猾な野心の持ち主だということ」と、ナタリー。

「でも、策謀のゲームからも自分の野心からも逃れないことが、彼女を窮地に陥れる最大の原因になったのよ」

実際、『ゲーム・オブ・スローンズ』のシーズン5(第5章)が終わった時点では、マージェリーは偽証と姦通の疑いで裁判を待つ身になってしまっている。彼女の運命やいかには、2016年4月に全米放送開始されるシーズン6(第6章)で明かされる。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。