• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • エマ・ストーン、『101匹わんちゃん』実写スピンオフで若き頃の悪女クルエラ役で主演か?

16.01.08(Fri)

エマ・ストーン、『101匹わんちゃん』実写スピンオフで若き頃の悪女クルエラ役で主演か?

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

エマ・ストーン

米女優のエマ・ストーン(Emma Stone)が、製作が噂されていたディズニーの往年のアニメ映画『101匹わんちゃん』の新たな実写版スピンオフリメイクにおいて、名高き敵役「クルエラ・ド・ビル」として主演すべくディズニーと初期交渉に入ったようだ。

これはエンタメニュースのThe Hollywood Reporter,が伝えたもので、その実写版映画は『クルエラ』という題で、クルエラが、ダルマシアン犬の皮をたくさん剥いで毛皮のコートを作ることを目論む悪女に、いかにしてなったかを描く前日談とのこと。

監督などは現時点で未定なものの、今年2016年の早い時期のうちにも撮影に入りたいとディズニー側は考えており、製作には英TV・映画プロデューサーで脚本家のアンドリュー・ガン(Andrew Gunn)、ディズニー側でプロジェクトを指揮するのがクリスティン・バー(Kristin Burr)とジェシー・ヴャーチュー(Jessie Virtue)に既に決まっていると見られる。

『101匹わんちゃん』は、1961年全米公開のディズニーアニメ映画で、長年にわたりファンに根強い人気を博してきており、既に1996年に実写版映画が『101』のタイトルでグレン・クローズ(Glenn Close)がクルエラ役を演じて製作され、2002年にはその続編『102』も製作されている。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。