• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • クロエ・グレース・モレッツ、あと5年は恋愛を封印宣言!

16.01.12(Tue)

クロエ・グレース・モレッツ、あと5年は恋愛を封印宣言!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

クロエ・グレース・モレッツ

 女優のクロエ・グレース・モレッツ(Chloë Grace Moretz, 18)が、自分より年上の男性とデートするつもりがない理由を明かした。

 クロエは昨年、元サッカー・イングランド代表キャプテンのデビッド・ベッカム(David Beckham)の長男で親友のブルックリン(Brooklyn, 16)との熱愛がささやかれたが、ブルックリンは現在、女優のソニア・ベン・アンマー(Sonia Ben Ammar)と交際している。

 一方のクロエは恋人がいなくても楽しい日々を送っており、しばらくはこのままでいるつもりのようだ。

 「年上とはデートしたくないの。私は18歳だけど、年上の人はもっと真剣になるから」とクロエは米版Marie Claire誌とのインタビューで恋愛観を語っている。「でも後になって、デートして何が悪いの?とも思うようになったわ。今の私はそんな感じなの。今は別に探してないわ。23歳くらいまではね」

 クロエにとって20代はまだ先のように思えるが、大人たちはすでに彼女から良い影響を受けている。クロエは2013年の映画『キャリー』の撮影中、ネット上で批判されたこともあり、「すごく不安に感じていた」という。しかしあることで気持ちが切り替わり、すべてが意味を持つようになったようだ。

 「今はすごく自由よ」とクロエは笑顔を見せた。「何が起きたのかは分からないけど、17歳になった時、すごい重荷が肩から下りたの。すごくオープンになったし、良い時期になった。他人の意見を気にしなくなった。自分が誰なのか、誰と一緒になりたいか、どう見られたいか、どう思われたいのかを自分で分かっているわ」

 両親が離婚したクロエにとって、すべての問題を乗り越えることはつらい経験だった。深い影響を受けたものの、やがて自分の感情に素直に向き合えるようになったとも話している。

 「かなりタフになったわ」とクロエは明かした。「自分にもっと厳しくなった。家族を崩壊させるには(離婚が)一番深刻な方法だわ。父はただ出て行ったので、自分で自分の面倒をみなくちゃいけなかった…。血のつながりがある人に裏切られると、人を信じることを警戒して、何がなんでも自分を守ろうとするようになる。私は長いことそうしてきた。誰も近づけようとしなかったの」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。