• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • ニーナ・ドブレフ&ルビー・ローズ、『トリプルX』第3作に出演交渉中!

16.01.12(Tue)

ニーナ・ドブレフ&ルビー・ローズ、『トリプルX』第3作に出演交渉中!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

ニーナ・ドブレフ

 ヴィン・ディーゼル(Vin Diesel)主演の映画『トリプルX』の第3作に、米人気TVシリーズ「ヴァンパイア・ダイアリーズ」で知られるニーナ・ドブレフ(Nina Dobrev)や米ネット配信ドラマ『オレンジ・イズ・ザ・ニュー・ブラック 塀の中の彼女たち』に出演しているルビー・ローズ(Ruby Rose)、ボリウッド映画のスター、ディーピカー・パードゥコーン(Deepika Padukone)らが出演する交渉を進めていると報じられた。

 米Hollywood Reporter誌によると、主役クラスで出演する彼女たちは、それぞれ違う段階で交渉中だという。

 スタジオ側と合意すれば、3人はヴィン、サミュエル・L・ジャクソン(Samuel L. Jackson)らと共演することになる。

 ヴィンは2002年の『トリプルX』でブレイクしたが、2005年の続編『トリプルX ネクスト・レベル』には出演しなかった。

 しかし『XXX: The Return of Xander Cage(原題)』には出演が決まっており、撮影は今月にスタートし、2017年に公開されるという。脚本はF・スコット・フレイジャー(F. Scott Frazier)が担当し、D・J・カルーソー(D.J. Caruso)がメガホンをとる。

 ストーリーの詳細は明かされていないが、新作ではヴィン演じるタイトルロールでエクストリーム・スポーツ選手からスパイに転じたザンダー・ケイジが、誘惑的な戦闘員や破天荒な人物を相手に活躍するとみられている。

 ヴィンは妹のサマンサ・ヴィンセント(Samantha Vincent)、ジョー・ロス(Joe Roth)、ジェフ・カーシェンバウム(Jeff Kirschenbaum)らと共にプロデューサーを務める。まだ配給契約は結ばれていないが、パラマウントが真剣に支援を検討中だという。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。