• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • 世界でも珍しい複合世界遺産メテオラは死ぬまでに一度は訪れるべき。

16.03.31(Thu)

世界でも珍しい複合世界遺産メテオラは死ぬまでに一度は訪れるべき。

桑原 淳

桑原 淳

世界を旅して1000人の髪を切ったらこんなことが待っていた―― 旅の途中で得たものや思い、「旅人美容師」の今を発信。

12674600_963072633808757_1270391673_n

こんにちは。
今回は世にも珍しい複合遺産という種類の世界遺産について書きます。

まず、世界遺産の定義です。
世界遺産とは、1972年のユネスコで採択された「世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約」というものに基づいて世界遺産リストに登録された、遺跡、景観、自然など、人類が共有すべき「顕著な普遍的価値」を持つ物件のことで、移動が不可能な不動産やそれに準ずるものが対象……ということだそうです。
なんと2014年には登録件数1,000件を突破したそうです。
生きているうちにすべて周るのはとても無理そうな数ですね。

世界遺産は基本的に自然遺産と文化遺産に分類されるのですが、中にはその両方に分類される“複合遺産”というものもなります。
なんと世界でたった20数カ所しかないとか…。
有名所で言うとペルーのマチュピチュなどがそうです。

ちなみに日本には複合遺産はまだありません。
その複合遺産の中で、死ぬまでに絶対一度は訪れることをおすすめしたい場所があります。  
その名もメテオラ。

12900201_963072597142094_2089978357_n

ギリシャ中部、首都であるアテネから北に5時間ほどのところに岩山が垂直に立っている不思議な平原があります。
それだけでも十分驚きなのですが、なんと今から約500年ほど前にこの岩の上に、”俗世と離れ修行する”という理由でキリスト教の修道院が建てられたそうです。
それがなんとも神秘的なのです。

深夜、アテネ発の列車にのりメテオラへと向かいました。
朝5時半に駅について外に出てみると観光地っぽさは微塵も感じない田舎みたいな駅でした。
駅からメテオラまでは山を登らないといけません。
冬季はバスはストップしてるそうで、徒歩かタクシーしかないそうです。

タクシーに乗り、1番大きな修道院のメガロメテオロンにむかいました。
時刻は6時半頃。
朝焼けが始まりとても綺麗でした。

12910571_963072610475426_477996777_n

中に入ると、この日は日曜ということで、各地から信者がお祈りのために集まってきていました。
撮影禁止だったので写真はありませんが、朝6時半にこんな山の上までお祈りをしにくるなんて……とすごく驚きました。

メテオラという地名は、ギリシャ語で「宙に浮く」という意味らしいです。
まさに宙に浮いたような修道院。
下山しながら見た景色……圧巻の一言です。

12939427_963076877141666_962053678_n
12421419_963076857141668_1801825865_n
僕は今まで50以上の世界遺産に行きましたが(もっとかも)絶景すぎてダントツの1位になりました。
これは世界遺産行きまくってる人でも絶対感動すると思われます。
是非死ぬまでにホントに行ってみてください。

帰り道、朝乗せてもらったタクシーのオヤジにひろわれ、麓までまた乗せてもらいました。
『メテオラ綺麗だった』って言うと『イェーイ!!』とかいって音楽を爆音でかけてノリノリになってしまいました。
そんな陽気なギリシャ人との触れ合いにより、きっともっと旅が楽しくなるはずです。

12939559_963076883808332_1890297950_n

Instagram
Facebook
Twitter
Homepage