• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • 韓国ソウルのホットな夜には熱々の韓国料理とソジュで乾杯。

16.05.06(Fri)

韓国ソウルのホットな夜には熱々の韓国料理とソジュで乾杯。

桑原 淳

桑原 淳

世界を旅して1000人の髪を切ったらこんなことが待っていた―― 旅の途中で得たものや思い、「旅人美容師」の今を発信。

こんにちは。
旅人美容師JUNです。

今回は日本に最も近い国、韓国ソウルでオススメの過ごし方について書いてみます。

13090793_982076301908390_1690685900_o

近年の韓流ブームもあり、韓国を訪れたことがあるという方も多いのではないでしょうか。
日本から近いということもあり、安ければなんと往復1万5000円ほどで行けてしまいます。
多くの飛行機が就航する仁川国際空港からソウルまではバスか電車で1時間ちょっとで行くことができます。
ソウルは東京のような大都市なのですが、日本と違う点を上げるとすると、”韓国の人口の多くが首都に集まっている”という点でしょう。
つまりソウル以外の街はかなり田舎で、日本のように5大都市などと言われる都市はありません。
人口も商業も、韓国のありとあらゆるものが集まっているソウルはとても魅力的です。
化粧品や服などを求めて女性が買い物に訪れるようなイメージが強いのですが、実は買い物などには全然興味ない男性も楽しむことができるのです。

その中でも今回特におすすめしたいのが、ソウルのナイトライフです。

昼間街を歩いてみると、あちこちに市場がある事に気が付きます。
最も有名なのは東大門市場、南大門市場です。
お土産、服、日用品、食品なども買えるほか、電化製品や工業製品なども揃っている巨大な市場なのです。
その2つの他にも大小いろんな市場が存在します。
市場は昼は観光客や地元の若者で賑わっているのですが、夜になるといくつかの市場は姿を変えます。

広蔵市場(カンジャンシジャン)はその中でも特にすごい賑わいを見せます。

13091602_982076938574993_820119897_o

通りにズラッと並んだ屋台には同じような髪型をした”いかにも韓国のオバちゃん”が立ち、道行く人に声をかけています。

「空いてるよ〜!」「ビールあるよ〜!」

言われるがままに座って周りを見てみると、観光客のみならず、仕事帰りのサラリーマン風の人から若者まで、地元の人も多くいることに気が付きました。

13091776_982076878574999_1956248574_o

とりあえず頼んでみたのがスンデとビール。
スンデとは豚の腸に春雨みたいなものを詰めたちょっと見た目がアレな食べ物なのですが、味はとてもおいしく、ビールとも合います。

13120386_982076321908388_2072959454_o

あれこれ食べたいところですがそこは我慢してまた次の通りへ。
というのも、この広蔵市場には通りがいくつかあり、その通りごとに置いている料理が違ったりするのです。
次に向かったのがよくある一般的な食堂なのですが、店頭でオバちゃんが豚の頭の肉を勧めてきたので、それに釣られて着席。
モリゴギと呼ばれるチャーシューのようなものの盛り合わせを1つ頼み、ソジュを1本。

13128510_982077288574958_988068447_o
ソジュとは韓国の焼酎のことです。
日本みたいに割ったりはせず、小さいショットグラスに入れてそのまま飲みます。
となりで飲んでるおじさんと乾杯しつつ楽しいひとときを。

13106059_982077325241621_1928834484_o
美味しい食べ物とお酒でだんだん出来上がってきた頃にふと時計を見てみると10時をまわっていました。
まわりを見てみるとまだまだ多くの人がいて賑やかです。
その光景は日本ではきっと見ることができません。
東京にはない熱気にすこし心地よくなり、また夜の街にでかけました。
広蔵市場の近くにある東大門市場では24時間営業のデパートもあり、朝まで人が絶えることはないといいます。
ほろ酔い気分で買い物をしてみるのもまたいいかもしれません。
そんなソウルの熱い夜を、この夏体験してみてはいかがでしょうか。

Instagram
Facebook
Twitter
Homepage