• BRASH TOP >
  • Sports>
  • レッドブル移籍で「92%の力で走ることを学んだ」とフェルスタッペン

16.06.25(Sat)

レッドブル移籍で「92%の力で走ることを学んだ」とフェルスタッペン

AUTO SPORT web

AUTO SPORT web

XPB_819229_1200px-825x510

マックス・フェルスタッペンは、トロロッソ時代は可能な限り攻めた走りをしていたが、レッドブルF1のマシンに乗る現在は「92%」の力で走ることを覚えたという。
レッドブル移籍後の初戦となったスペインGPでは、18歳で史上最年少優勝を果たしたフェルスタッペン。しかしモナコではクラッシュによってリタイアを喫した。その後のカナダ、アゼルバイジャンではミスのない走りで4位と8位につけており、より競争力のあるマシンに乗ることで、走り方のスタイルがトーンダウンしたと語る。