16.06.29(Wed)

安全過ぎるF1は本質を損なうとラウダ

ESPN F1

ESPN F1

© Sutton Images

© Sutton Images

F1があまりにも”極端に”安全性を追求し続ければ、多くのファン層を遠ざけてしまう恐れがあるとニキ・ラウダは考えている。
FIAは今週、安全デバイス”ハロー”の最終テストを行うことにしており、7月中にはそれを2017年に導入するかどうかの決定が下されることになる。近年、安全性の追求に手を緩めることなく取り組んできたF1だが、ハローの導入はその中でも画期的な一歩であり、影響はオープンホイールレース全体に及ぶかもしれない。