16.08.05(Fri)

本当に好きなことを仕事に。

桑原 淳

桑原 淳

世界を旅して1000人の髪を切ったらこんなことが待っていた―― 旅の途中で得たものや思い、「旅人美容師」の今を発信。

こんにちは。
旅人美容師JUNです。
実は今回の記事で最終回となるのですが、最後に『仕事を楽しむ』という事について書いていこうと思います。
その前にちょっと昔話を……。

  僕は元々東京の美容室で普通に美容師として働いていました。
中学生の時からの夢だった美容師になれたこと、髪を切る事も、お客様とのひと時も、とても楽しかったです。
好きな仕事が出来てることに幸せを感じていた反面、無駄な時間を過ごしているような気もしていました。
10時間をこす長時間労働の毎日。
そしてルールで縛られ、お客様がいないような空いた時間を有効に使うこともなく、営業終了後も無意味なミーティングやビラ配りなどをしなければならない。
まるで時間がない生活の中、「本当にこのままでいいのだろうか?」と考えるようになりました。
そうして働いてしばらくたった頃、好きなことだけを仕事にして生きていこうと決めました。
僕の好きなこと……それは美容師として髪を切ること、そして旅をすること。
  その2つを同時にやろうと思い、世界に出ることを決めました。
英語と美容の勉強をし、貯金をし、3年後僕は勤めていた美容室を辞めました。

1000人の髪を切る旅。
そんな馬鹿げた目標をかかげ、ハサミと少しの荷物を持ち日本を飛び出しました。
韓国から始まったその旅は驚きの連続でした。


13871687_1042316612551025_314147890_n

新しい国で見る景色、その国に生きる人々との出会いは今思い出してもとても楽しく、感動的なものでした。

13874862_1042316615884358_269411941_n

1年で帰ってくるはずがズルズルと伸びて結局帰国したのは1年8ヶ月後。
終わってみればカットした人の数は1300人を超えていました。

13902042_1042316632551023_1953459405_o

世界一周の旅をして得た多くの出会いや、目にしたものや感じたこと。
そして美容師として現地の人の髪を切って知れたことや経験できたことは本当に大きくて、自分自身が美容師としても、人としても随分と成長できたと思います。
 
旅を終え日本に帰り、僕はまた新しいことを始めました。
それはどこにもないような美容室を作ることでした。
現在、日本には24万件もの美容室があります。
東京都だけでも約2万件の美容室があり、正直なところ独立開業などもはや夢もないような供給過多の世界です。
だけど僕は自分の理想「好きなことを仕事に…」を叶えるために独立に向けて動き始めました。
長旅を終えて日本に帰ってくる旅人の中には、そのあと日本の空気感に馴染めずにしばらく働かない人もたくさんいます。
ですが帰国時に残金10万円しかなかった僕はそんなことやってる暇もありませんでした(笑)
帰国4日後にフリーランスとして働きはじめ、講演会や本の出版も並行して行いました。
そして3ヶ月後に高円寺北口に【ビールが飲める美容室 Up to You】をなんとかかんとかオープン。

13884544_1042318239217529_1047561388_n

コンセプトは『友達の家』みたいな美容室です。
遊びにもこれて、ビールも飲めて、漫画も読めて、リラックスできて……。
さらには英語もOKで、どんな国の人もこれる。
そんな美容室らしからぬ美容室です。
  今では全国各地、海外からもお客様が来てくれ、この場所で自分の好きな仕事をやっています。

13901913_1042318455884174_1554348663_o

数年前に願った「好きな事を仕事に…」が少し叶いました。
理想的なこと、本当にやりたい事をして生活しているので、今は無駄な時間があるとは思っていません。
空いた時間は他の仕事をしたり、または休んだり。
以前よりずっとゆとりがある生活になりました。
ですが現状で満足しているわけでもなく、また世界に飛び出そうと目論んでいます。
次なる僕の夢は『世界を旅する美容室』です。
  キャンピングカーみたいな移動式美容室というわけではありません。
あくまで仕事として、ハサミと日本で作ったUp to Youというブランドだけ持ち歩き、世界の美容室で働いてみようと思っています。
既存の美容室を貸してもらったり、小さい場所を手作りで作ったり。
そういうことをしながら、東京や日本各地での活動も並行して続けていく予定です。
多くの人は「なぜせっかく独立したのにそんなことをするの?」と思うでしょう。
もちろんそんな働き方をしている美容師はこの世にいません。
僕はただ、ワガママなんだと思います。
美容師もしたいが、旅もしたい。

確かにかつてはハサミだけで世界をまわりました。
ですが、カラーもできず、シャンプーもできず、ドライヤーも使えず……となるとやはりクオリティは落ちたし「仕事をしてる」という風には思えなかったし言えませんでした。
美容室に勤めたり、独立すれば場所に縛られる美容師になり、旅をすれば美容師としてお金を稼ぐことは出来なくなる。
両立なんて基本的にはできないんです。
だけど、そんな常識を自分の中で無くし、本当の旅する美容師を目指してます。

  つまり何がしたいか?というと、自分が関わってきた人や大切な人で、来たくても僕の美容室に遠くて来れない方をちゃんと綺麗にしたい……ということです。
様々な土地に旅するように出向き、髪を切り、そして対価としてお金を頂き、生活を送る。
ハサミとお客様さえいれば成り立つ美容師という仕事ではそれが可能です。
それができた時に、心から『好きなことだけを仕事にして生きている』と言えるのではないかと思っています。
  世界を一周したのも、やりたい店を形にしたのも、それは特別な何かをしたからではなく、理想を現実にするために行動を起こしたからだと思っています。
目標や夢に向かって動き続けてればいつか必ず叶います。
失敗を恐れずに動き続けていれば……。

「あなたは今、好きな仕事をしていますか?」

13647227_1042319852550701_1066724750_o
これで最後となりますが、今まで読んでくださった読者の皆様本当にありがとうございました。
また、どこかでお会いしましょう。

Instagram
Facebook
Twitter
Homepage

Tag: TOP / 桑原淳