• BRASH TOP >
  • Sports>
  • 来季マシンのスタイリングを手掛けたのはレッドブル

16.09.12(Mon)

来季マシンのスタイリングを手掛けたのはレッドブル

ESPN F1

ESPN F1

© Pirelli

© Pirelli

2017年の新しいマシンをデザインするにあたって、中心的役割を果たしたのはレッドブルだったことをウィリアムズの最高技術責任者(CTO)、パット・シモンズが明らかにした。
大幅に改定された来年のレギュレーションによって、F1マシンのフロントとリアウイングはよりワイドになり、タイヤも太くなる。全体的な狙いはラップタイムを一気に向上させることだ。新ルールはレッドブルの当初の提案がうやむやになった後で、マクラーレンが考えた妥協案を元に制定された。