• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • ボーコンセプトからコンテンポラリーなデザインのソファと21世紀型リクライナーが登場

15.11.11(Wed)

ボーコンセプトからコンテンポラリーなデザインのソファと21世紀型リクライナーが登場

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

世界中にファンを持つデンマークのブランド、ボーコンセプトから今秋の新作コレクションが発表された。中でも注目のソファとリクライナーを紹介したい。

モナコソファ:H84.5×W230×D93cm、259,900円~

モナコソファ:H84.5×W230×D93cm、259,900円~

オランダ人デザイナーのフランス・シュロファーとのコラボレーションで誕生したソファ「モナコソファ」は、モダンなインテリアに溶け込みつつも、ユニークな視点と人間工学に基づく快適性、ユーザー目線にも十分に配慮されたコンテンポラリーなデザイン。

一時停止の標識からアイデアを得たというヘビーステッチの縫い目と六角形のアームレストが上品なアクセントとなり、“普通ではない”ソファとして人目を引くが、完全モジュール式のためボーコンセプトが取り扱うすべてのファブリックとレザーの中から好みのものにカスタマイズが可能だ。

ハーバードリクライナー:H120×W77×D90cm、502,090円~

ハーバードリクライナー:H120×W77×D90cm、502,090円~

続いて、デザイナーのレネ・ホウガードが車にインスピレーションを求めてデザインしたという「ハーバードリクライナー」は、“安心して寛げる空間で、自分だけの時間を過ごしたい”という願望をスタイリッシュに叶えてくれる21世紀型リクライナーだ。ボーコンセプトが目指したという、機能的でありながらデザイン性が高く、快適性を犠牲にすることなくテクノロジーが採用された個性を備えたチェア、という3点がまさに体現されたと言える製品。

ラグジュラリーなプレミアムエディションは電動式と電池式があり、バックレストとフルフルフラットになるレッグレストにはデバイスを充電できるUSBポートがアーム部分に内蔵されている他、全タイプ共に張地は100種類以上のファブリックやレザーからカスタマイズできる。

ユニークでモダン、身体の一体となる快適性を適えるソファにリクライナー、ぜひボーコンセプトのショップで実際に体感してみてほしい。
(※リクライニングチェアの展示店舗は南青山店、新宿店、梅田店、札幌店、福岡店。どの店舗でも取り寄せ可能)

問い合わせ先:ボーコンセプト南青山店 Tel.03-5770-6565 http://www.boconcept.com/ja-JP/