• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • 今冬アウターSNAP! 人気インフルエンサーが着こなす「SANYO COAT」

18.01.29(Mon)

今冬アウターSNAP! 人気インフルエンサーが着こなす「SANYO COAT」

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

「コートは、首元まであるトップスを合わせてシャープに着こなします」
浅利 琳太郎さん(モデル)

SANYO COAT、1年前から気になる存在でした。Flat-Seamのグレーのダッフルコートを着て街を闊歩するのは、モデルの浅利 琳太郎さん。1年ほど前に地元・札幌で100年コートに出会って以来、SANYO COATは気になる存在だったそう。「コートを着る時のこだわりは、いつもインナーにタートルやハイネックのジャージなどを合わせることですね。首元をカバーして、シャープに着こなしたいので」 そんな浅利さん、韓流アーティストの着こなしをおしゃれの参考にしているんだとか。

遊び心溢れるマフラーをコーディネートのポイントに。この日は、最近お気に入りだというゴーシャ・ラブチンスキーのストリート系マフラーをコーディネートのポイントにして、遊び心をプラスしたスタイリングに。「自分なりのおしゃれをしています」と語る浅利さんは、古着も積極的に着こなす派。古着が持つ独特のサイズ感が好きなのだとか。ヴィンテージのウエストポーチを斜め掛けする様は、まさにおしゃれ上級者です。

遊びも、仕事も、この一枚で。「お仕事関係の方や、家族との食事に出かけるようなキチンとしたシーンでは、ベーシックにまとめて大人の雰囲気を出します」と語る浅利さんは、べっ甲のメガネをコーディネートにプラスして、また違った雰囲気に。これ一枚で遊びモードも仕事モードも着回せる、さすが定番のダッフルコートです。

Photo:Fumiaki Omori(f-me), Text:Yukie Liao Teramachi

【インフルエンサー着用商品】


〈Flat-Seam Coat〉ダッフルコート

価格¥96,120(税込)
商品番号:P1B-75-630-07

見た目の高級感とは裏腹に実はジャージーでできたとにかく軽いウールのコートです。生地の縫い目をジグザグにフラットな状態で縫い合わせてあるため、縫い代のないすっきりとした仕上がりに。裏地を裏地を付けず、軽さを生かしました。


SANYO COAT 公式サイト

次ページ>>モデルのKAIOさん流コートの着こなし